現実は、無意識に設定した通りに創られている

最近、

なんとなく、こうなるだろうなぁ~と無意識に浮かんだことが

わりと早く現実化しています。

良い、悪い、関係なくね。

思考で願っていることと

深い本音の部分がズレていれば

フッと浮かんだ本音が現実化したとき

思考は大慌てだったりします。笑

え~~~

それは困る~~~

と、思っても

無意識にそれ願ってたよね?

と、潜在意識に言われているようなものですね。

観えているのは、自分が無意識に決めていること

「設定する」、「決める」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

数年前、この言葉が流行ったとき

なんのこっちゃ?と意味がよく分かりませんでしたが

今では、多くの人たちが

この言葉を使っているんじゃないかなと思います。

私たちは、無意識に設定しています。

コレって、○○だよね。

あの人って、○○でしょ。

これは価値があるよね。

あれはイマイチだね。

常に何かに対して

判断(ジャッジ)しています。

つまり、決めています。

自分の思い込みによって

目の前の事柄を

○○だ、と決めている(設定している)のです。

例えば、

セミナーを受けるとき、もしくは受けようか迷っているとき

無意識に内容を吟味していますね。

これは自分にとって価値あるものか?

行って効果出るのか?

損はしないのか?

と、思っているので

選択するときに迷います。

これは私自身もあることです。

初めて行くところ、

初めて会う方、

だったら

いろんなことを思い悩みますね。

それは「損したくない」という無意識の想いがあるからです。

その時点で、そもそも

「私は損する人」という前提になっていますから

どれだけ考えても

損するような現象しか目に入ってきません。

結果的に、

損したような感覚になったり

損するかもしれないという考えが浮かんできたりします。

対象が良いものか良くないものか?

という価値が存在しているのではなく

自分自身がその対象を

良い、悪い、と

既に決めているということです。

そして、

決めた(設定した)通りに現実が創造されます。

自分なんですね~。笑

始めから、自分好みの設定をする

この前、無料のセミナーがあって、それに参加してみました。

無料だと、つい

あんまり中身がないかもなぁ、とか

どうせそこから何か勧誘とかするんでしょ?とか

いろんなことを思いますよね。

それって、

対象のものが無料だから、内容が薄いという

事実があるのではなく

無料なものに騙されないようにしなくちゃ、

期待して裏切られたときの嫌な気持ちにならないように、という

無意識の防衛をしています。

ホントに自覚しないまま

私たちは自分のことを守ろう守ろうとしているんですね。

潜在意識が健気です。笑

しかし、その健気さは

同時に

「私は損する人」というセルフイメージを定着させています。

そして、それに見合った現実を観ます。

無意識に設定しているように

現実を受け取っているのだから

始めから、自分好みの設定をすれば良いということになりますね。

それで、私は

無料のセミナーに対して

必ず、何か必要なことをキャッチできるはず!

と設定した上で、参加したのです。

それ知ってるし、

あ~つまんないな、

レベルが低いな、

などとジャッジしてしまうクセを働かせず

純粋な気持ちで参加してみました。

これらの反応が全くなくなることはないですが(無意識のクセなので)

自分にとって価値がある、と決めて受け取るのと

イマイチかもね~と決めて受け取るのと

結果となる現実が全く違うものになります。

もしも、

イベントやセミナーWSなどに

行くと決めたら

それが自分にとって価値がある、と

自分で設定することで

そのような結果になります。

もしも、行くかどうか迷っていたら

行ったら良い結果になる、

行かなかったら良い結果になる、

のどちらかを設定すれば良いだけです。

つまり、迷う時間は意味がないということですね。

考える時間が多いということは、

過去の自分の経験によって選ばされているだけなので

危険を回避する効果はあります。

しかし、自分の本音に従っているわけではないのです。

すると潜在意識は

何が願いなのか?を間違えて捉えてしまいます。

叶えてくれる現実が本音から遠ざかっていきますね。

設定は、自分以外の現実も変える力がある

以前、

月に一回開催されるWSに2年間通っていました。

多くの方は、数回の連続講座であっても

続けられるか心配、とか

行けなかったら困る、とか

迷います。

もしくは、

行けたら行こうかな、

くらいの気持ちだったりします。

しかし、これも

設定です。

私は、なにを差し置いてでもそのWSを優先すると決めていました。

なので、行けないかもという心配がなかったんですね。

そして、

行けたら行こうと決めている方々は

半分程度も参加することはできませんでした。

当たり前ですね、

始めから、そのように決めているのだから。

でも、ここで疑問が湧いてきますよね?

本当に避けられない用事があったらどうなるの?と。

現実的に、避けられない用事あるでしょ?と。

実際に、どうしても行かなくてはいけない仕事が入りました。

そのとき、

あ~あ、今回はお休みしなきゃいけないのか・・・と思っていたところ

なんと

その回のみ、偶然にも日程が変更されたのです。笑

もうその瞬間、鳥肌が立ちました。

側に居た、友人も。

設定したことは、

自分以外の現実も変えてしまうのか、と。

無意識のパワーに驚いたんですね。

意識は繋がっているということを実感しました。

こういう経験がどんどん増えていけば

その世界が、自分の当たり前になっていきます。

その当たり前の世界を創るためには、

設定する、決める、という生き方を

日々、行っていくことが大切です。

すでに自分が無意識に設定している通りに現実が観えている。

だから、

意識的に、初めに、自分が決めていきましょう。

迷うというのは、

深い本音と、恐れの思考が

話し合いとしているようなものです。

行きたい、欲しい、やりたい、のに・・・

でも、やめておこうか・・

という話し合いをしています。

そして、迷うほどに

やめておこうか・・・の声が大きくなるだけです。

迷う時間を長くしても意味がないので

先に、自分の好みの世界を

設定しちゃいましょうね。

これらの仕組みは、

身近な人たちに対しても同様に起こっています。

あの人はこういう人だよね。

可哀そうな人、

ダメな人、

酷い人、

と、初めから決めています。

身近であればあるほど、

無意識の設定は強固になっているので

なかなか外れにくいかもしれませんが

まずは、自分の行動から設定していくと

そのうち、身近な人たちに対しても

心地良いフィルターをかけていけるでしょう。

決める、設定する、生き方を

これからは意識してみてくださいね。

今日も、あなたにとって

素敵な1日を創造するために。

office LE LIEN  
ライフマネジメント リーダー かなやまなほこ

コラム

Posted by nhkknym